CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 機動戦士ガンダム 一年戦争 | main | MIMO(マイモ)対応のIEEE802.11g無線LANルータを予約。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
1テラ(1000ギガ)のハードディスク買いました。
私が注文したときは、いつになるか解らないような状態
だったのだが、注文して5日で届いた。
今見たら24時間以内だって。


実質88800円。電源付の250Gのハードディスク4台買うのと
あまり値段は変わらないし(裸のHDだったら電源の問題がでてくる)
コンセントが1個ですむのがうれしい。
音も、250GHD4台ぶんより圧倒的に小さい。

今、LANを構築中なので100%活用できていないけど、
ゴールデンウイークまでには、パソコンX2、ハードディスクレコーダX1
をつないだ、家庭内LANが構築される予定。


HD-H1.0TGL/R5 LAN接続ハードディスク RAID-1/5
HD-H1.0TGL/R5 LAN接続ハードディスク RAID-1/5

RAID5対応 大容量LAN接続ハードディスク
テラバイト(1000GB)クラスの大容量を実現したLAN接続ハードディスク。高速CPUや大容量メモリを搭載し、最大転送速度1Gbps(理論値)の1000BASE-T(Gigabit)に対応。4つのハードディスクドライブを搭載し、RAID-5、RAID-1などデータ紛失の耐性を上げるモードから容量を最大限利用するモードまで、多様な活用法が可能。

障害に強い、データ保護機能搭載
障害発生時速やかに復旧ができるように、RAID-1(ミラーリング)とRAID-5(パリティ付ストライピング)の2つのRAIDレベルを選択可能。データ紛失に対する耐性が向上している。

余裕の大容量 1テラバイト、用途に応じて使い分け
4つのハードディスクドライブを搭載、「容量を最大限に利用するモード」と「データ紛失の耐性を上げるモード」の選択が可能。

安定動作、HDの温度をおさえる放熱設計
TeraStationはヒートシンクボディを採用。筐体内部においては、熱を発生する4台のHD間のすきまを広くとり効率的に排熱し、熱処理効果をアップする。

Gigaでつないで、高速アクセス
大容量データもスピード転送、印刷も高速プリントアウトTeraStationはGigabitEthernetを搭載、転送速度1,000Mbpsの高速規格に対応している。Giga対応のHubやLANボードと併用すれば、動画など大容量データの転送も快適。ネットワークにつなげてコンテンツを共有、プリントサーバ機能で複数のPCからプリンタの共有もできる。

ネットワーク上の転送効率を向上させる"Jumbo Frame"に対応
Ethernetの送信単位を大きくして、ネットワーク上の転送効率を向上させる"Jumbo Frame"(7,418バイト)に対応。Gigabitを利用した高速アクセスを可能にする。

USB2.0ポートを4ポート搭載。周辺機器との連携で楽しさ広がる
TeraStationには、前面・背面合わせてUSB2.0ポートを4ポート搭載。ハードディスクをつなげば、容量追加やバックアップが可能。TVチューナーBOXやUSB対応プリンタの接続にも対応し、ホームサーバとしても高い拡張性を備えている。
| その他 | 18:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 18:21 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tetrapot1.jugem.cc/trackback/131
トラックバック